「小宮山厚生労働大臣 被災地視察」

Facebook にシェア
Pocket

本日(18日)、小宮山厚生労働大臣が被災地の雇用状況と緊急雇用創出事業などがどの様に
活用されているのかの視察を兼ねて「@(アットマーク)リアスNPOサポートセンター」においでになりました。

20120119_ky1

代表の鹿野(かの)から現地NPO法人としての活動や雇用状況を聞き、
被災地の雇用状態の厳しさをあらためて認識されていました。
@リアスNPOサポートセンターでは、昨年の8月より岩手県の受託で「緊急雇用創出事業」 により
10名を雇用し、情報誌「キックオフ」の発行や、Webサイト「キックオフ」の作成、
仮設住宅でのイベント、さらには復興の記録として10月に東京都銀座にある
岩手県のアンテナショップ《いわて銀河プラザ》での「復興写真展」開催などの活動を行っています。
小宮山氏もその内容に興味を持っておられました。

20120119_kk1

《写真:小宮山厚労大臣と@リアスNPOサポートセンター事務局および事業運営スタッフ》

震災という予期せぬ出来事で、@リアスNPOサポートセンターのスタッフとして活動することになった
メンバーですが、10代~40代という若い力と新しい目線とバイタリティで【釜石・大槌地域】の復興
に向け活躍しはじめています。