アジアシンフォニー解体始まる

Facebook にシェア
Pocket

3月11日の津波によって釜石港にうちあげられたアジアシンフォニー。

毎日変わりなく眺めていましたが、ここにきて変化が!

船に大きなクレーンと、足場が取り付けられていました。

個人的には、津波の恐ろしさの象徴として保存してもよいのではないかと

考えたりもしましたが、また津波が来て船が動いたり、海風にあたり腐食

が進むといった危険もあることから、やむを得ないとも思ったりします。

完全に撤去するまでいったいどのぐらいの日数がかかるのか、今後も追い

かけてみようと思います。

何度見ても思うのですが、下から眺めるとすごい大きさです・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です