ウギャルがワカメの間引き作業を体験


毎月恒例となった【ウギャル】の来釜!

今年最初の作業は、ワカメの間引き作業の手伝いです。

今回参加したのは、吉田優ちゃんと地元釜石・大槌ギャルの袰岩(ほろいわ)ひかるさんと田中聖羅(せいら)さんの合わせて3人。

(【ウギャル】リーダーのLieさんはお仕事の都合で残念ながら今回は来釜できませんでした。)

朝9時に桑の浜漁港を出港。

気温もマイナス6度と冷え込み、海の上ではさらに寒く感じます・・・

しかし、この日は天気もナギも良く作業日よりです。

まずは三貫島をパチリ。

20110114_ki1

そして、さらに沖に出るとそこには・・・

宙に浮いた島がっ!?

20110114_ki2

一番左が三貫島。その右側の2つの島・・・浮いているように見えませんか?

この時期三陸地方でも、蜃気楼が見られるそうです。

蜃気楼というと北陸地方のイメージでしたが、《釜石》でも見れるなんて!!!

空気の密度の違いでこのように見えるらしいです。

気温と海水温の差が大きいこの時期が見れるチャンスだそうです。

話しを戻しましょう(笑)

ワカメの棚に着くと、地元の漁師さんから間引き作業の指導がありました。

3人とも間引く理由やコツを真剣に聞いていましたよ~。

(ワカメが密集しすぎると、養分をとりあって大きく成長しないんだそうです。)

20110114_ki3

指導を受けて、いよいよ実践。

優ちゃん。

20110114_ki4

そして釜石・大槌ギャルのお二人。

20110114_ki5

 

20110114_ki6

間引き後は・・・

20110114_ki7

あとは立派なワカメに成長するのを祈るのみです・・・

そして、間引いたワカメは早採りワカメとして、お昼の料理教室で料理されることになっているそうで・・・

その模様はpart2にて!

つづく