三陸駒舎(こましゃ)におじゃましました。


釜石市橋野町(はしのちょう)に古民家を再生し活動の拠点としようとしている
一般社団法人HUB三陸(はぶさんりく)と一般社団法人三陸駒舎(こましゃ)があります。
11月5日、先月31日にオープンしたばかりの古民家にいらっしゃる
三陸駒舎 理事 黍原(きびはら)さんを尋ねました。

20151105_ky001

この古民家は明治日本の産業革命遺産世界遺産となった 「橋野鉄鉱山・高炉跡」に
行く途中の道沿いにあります。

20151105_ky002 20151105_ky003

築90年の曲がり家は、橋野町の古民家再生プロジェクトの建物改修第1弾として、
今年5月からボランティアの方々とワークショップで改修工事を行ったのだそうです。
母屋はHUB三陸が、馬屋を三陸駒舎がそれぞれ連携しながら、管理運営していくそうです。

20151105_ky005

母屋は、とても日当たりがよく、居心地のよい広間がありました。
この日おじゃましたのは、11月12日に開催する「釜石地域まちづくり連絡会議」をこちらで協同開催
する相談をするためです。
『会議室を飛び出し、地域団体の活動拠点を訪れ、自分たちの目で見て、その場で話しを聞いて
実感することで新しい気づきがあるのではないか』との思いでの新しい試みです。
趣旨を話すと、こころよく承諾していただきました。

これから、さまざまな取り組みを行っていきたいと思います。
三陸駒舎の団体紹介や活動については、12日の連絡会議の場でご説明いただきます。

※古民家の実施運営について

本プロジェクトは、一般社団法人HUB三陸が、釜石市から「定住促進かまいし魅力体験事業補助金」の
交付を受けて、一般社団法人三陸駒舎と協働で企画運営しています。