交通指導隊初点検式

Facebook にシェア
Pocket

今日、釜石市民文化会館の中ホールで釜石市交通指導隊初点検式が行われました。

点検式には関係者ら30人余りが出席して行われました。

初めに野田武則釜石市長が、

「交通事故犠牲者の半数以上が高齢者です。昨年、2件の交通死亡事故が起こり、尊い命が失われました。

今年は、関係機関・団体と連携しながら高齢者の事故防止に努める他、飲酒運転の根絶、交通安全教室など

施策を講じていきます。」と訓示を述べました。

また、山内義啓釜石警察署長が

「昨年の交通死亡事故者数はここ50年で一番少ない数でした。

これも反射板の普及や皆さんの地道な活動によるものです。

今後も引き続き交通事故防止のため、活動の協力をお願いします。」

と挨拶しました。

その後、指導隊の皆さんが街中の道路に出て交通指導を行いました。

高齢者の事故防止と飲酒運転の撲滅を呼びかけながら、街中で交通指導を行っていました。

ドライバーの皆さんは早めのライト点灯と、歩行者の皆さんは左右の安全確認をお願いします。

今年一年、死亡事故が起こらないことを願うばかりです。