南リアス線新型車両試乗会&避難経路確認会

Facebook にシェア
Pocket

4月5日の全線再開を控えた三陸鉄道南リアス線で、4月2日(水)新型車両試乗会を兼ねた
避難経路確認会が行われました。当日は取材人を含む地域の方々、およそ30人が
三陸鉄道南リアス線釜石駅前に集合しました。

20140402_ky001

震災以来3年ぶりにホームに立ち、乗車予定の新型レトロ列車を待ちます。
間もなく、列車がホームに入ってきました。

20140402_ky002

車内は落ち着いた雰囲気。この車両にはバリアフリー対策がとられており、
車いす用のスペースやトイレも広々しております。

20140402_ky003

走りだすとすぐに、3月14日にオープンしたばかりのイオン釜石市店や

20140402_mw001

写真:右手前が45号、左奥が迂回道路

45号線のかさ上げ工事が進む松原地区が見えます。

20140402_mw002
平田(へいた)駅を通過し、唐丹(とうに)駅に到着すると、 避難訓練について説明がありました。
この先、熊の木トンネルT入り口で避難訓練が開始します。
※熊の木トンネル盛(さかり)方面に出たところは東日本大震災の津波被害により、
線路がねじれ切断されていました。

20140402_ky0054
訓練開始、車内に岩手県沖で震度6強の地震が発生し、大津波警報が発令された事が
伝えられ、乗務員の指示に従って高齢者、お子さん、女性、男性の順番に非常用はしごを
使って、車外に避難していきます。

20140402_mw003

全員が降りたことを確認後、津波避難場所まで歩いて移動しました。
訓練時間20分ほど。東日本大震災と同じ規模の地震と津波を経験された 参加者の方々、
どのように感じたのでしょう。

20140402_mw005

訓練が終わると、列車はさんりく駅で折り返し釜石へと向かいました。
帰りの列車の中では、参加されたみなさんより
「こんなに早く開通するなんて、本当にうれしい」「避難訓練は定期的にやった方がよい」
などの感想がありました。

東日本大震災から3年で全線運行開通となる南リアス線は地域の私達にとって
本当にありがたい事です。車窓からの風景は、空き地やかさ上げなどの工事現場と、
大きく様変わりしていますが、地域の足としてみなさんに利用して頂きたいです。
また、市外、県外から訪れる方々には被災地の現状を見て、感じてほしいと思います。

20140402_ky006

この春、釜石商工を卒業し、4月に三陸鉄道に入社した松本祐太さん。
震災から3年間、大変な時期に高校生活を過ごし、社会人として一歩を踏み出しました。
この日、入社2日目。これからが楽しみですね。

4月5日(土)は運行再開イベントとして11:00~15:00まで
釜石駅、平田駅、唐丹駅、盛駅でイベントが行われます。
是非、足をお運びください。

1 個のコメント

  • 45年前、釜石に住んでいたが、この部分には鉄道は存在していなかった。遠野から釜石に日帰りで野菜を売りにいく赤焼けてしわしわのおばちゃんが何人もデッキに売り物の野菜を傍らにしゃがみ込んでいたのが焼き付いている。でも、そのころ鉄道は地域に確かに根付いていた。いまはピカピカの車両で稼働率はどの程度なのだろう?震災復興でなにかがごまかされていないか?本当にこれから活気ある地域になっていくポテンシャルはあるのだろうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です