辻哲夫先生の講演会

Facebook にシェア
Pocket

『釜石まつり』も終わり急に冷え込み、ストーブを慌てて出した方も多いと思います。

皆様、体調には十分気をつけてください。

さて、釜石まつりの前のことですが、10月14日に釜石市の主催で『地域医療再生

事業』の一環として【東京大学高齢社会総合研究機構 辻 哲夫 教授】の講演会

がありました。

厚生労働省在任中は、医療制度改革に携わった先生ですので、これからの釜石

の医療について、お話が聞けるのではないかと、行ってきました。

20101020_yk1

先日、日本では、24,000人岩手県では640人が医師不足であると発表されました。

今後、地方の医療が、どうなっていくのか心配になります。

20101020_yk2

辻先生のお話では(すみません詳細は省略します)釜石では、すでに先生の考えている

システムを実証しているとのこと、釜石の方向性は間違っていないようです。

これからは、医療機関、行政ばかりでなく住民も医療について一緒に考えていく

必要があり、これもひとつの『街づくり』であることを最後に言っていました。 

『街づくり』とは、多種多様であることを考えさせられました。